お知らせ

iphone6 本体がめちゃくちゃ熱くなる?! 原因って何ですか?? <三田市><神戸市北区><神戸市西区> iphone修理専門店スマートクールイオンモール神戸北店

iPhone6を使っていると「いきなり本体が熱くなる」

なんていうことを経験した人もいるのではないでしょうか。

このような状態になる時はさまざまなことが原因で起こっているのですが

その原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

*****************************************

*****************************************

 

*iPhone6が発熱するのは故障なの?

iPhone6は一度発熱すると、場合によっては持っているのが辛いぐらい熱くなります。

それぐらい熱くなってしまうと「故障しているのでないか?」

と考えてしまうかもしれませんが

iPhone6の場合、基本的には問題ありません。

iPhone6の内部にあるアプリを処理するCPUは

パソコンとそん色ないレベルの性能を誇っています。
CPUが作動すると発熱しますが、

パソコンは空調装置等を使って上手く外部に排出しているのに対して、

iPhone6では本体部分から放熱することによって熱を逃がしているのです。

もちろん、異常なほど熱くなってしまった場合には故障の疑いもありますが、

iPhone6が発熱すること自体はそれほど不思議なことではありません。

*突然、画面が消える?発熱すると起こる症状とは?

iPhone6発熱すること自体は故障でないケースが多いですが、

使っている上でおかしな症状が出ることがあります。

例えば、「画面が動かなくなる」ことや「電池の消耗が激しくなる」

「画面が真っ暗になって電源が入らなくなる」といったことです。

最初は動作が遅くても再起動すれば直っていたのに、

徐々に動作が遅くなり最終的には電源が落ちて、

アップル社のマークから動かなくなってしまうことがあります。

また発熱しているということは、CPUがiPhone内部で

かなりの動作を行っているということですので、

それに比例して電池の消耗が早まります。

いくら「故障ではない」といっても

正常に使うのは難しくなってしまうので、

正しい発熱の原因や対処法をとるようにしましょう。

 

*iPhone 6が発熱してしまう3つの原因

iPhone 6が発熱してしまう原因には「容量不足」、

「CPUのフル稼働」、「バッテリーの寿命」などが考えられます。

写真や動画など容量が大きいものをたくさん保存していると容量が少なくなり、

CPUへの負担が大きくなり発熱することがあります。

また、一度にたくさんの処理をする必要があるアプリなどを長時間開いていると、

CPUが常にフル回転する状態になるため放熱が追い付かず、

iPhone 6が熱くなることがあるのです。

また、バッテリーの寿命によっても発熱することがありますので

「フル充電してもあまりバッテリーの持ちがよくない」というような症状が

合わせて出ているような時は、バッテリーの交換も考えましょう。

 

以上簡単に発熱の構造をご説明させていただきましたが

結論、発熱の原因に当たる部分の多くは゛バッテリーの経年劣化゛

が原因で起こるケースが多いです(‘_’)

 

お困りの際は是非当店へお越しくださいませ(^_-)-☆

 

—————————————————–
スマートクールイオンモール神戸北店
兵庫県神戸市北区上津台8-1-1
イオンモール神戸北 2F
℡078-907-6411
https://smartcool-kobekita.com/
—————————————————–

 

 

気軽にお問い合わせ下さい

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら