お役立ち情報

iOSアップデートについて。

この時期になると、Appleでは、iPhoneなど主力製品の新型を次々と発表し、話題となっています。

今年はiPad 8TH、iPad Air、Apple Watch6、Apple WatchSEが9月に発表され、

10月には、iPhone12 \mini\Pro\Pro Max、HomePod miniなどが発表されました。

ハードウェアだけでなく、新ソフトウェアの発表も毎年行われています。

代表的なソフトウェアとしては、iPhoneやiPod touch、iPad(一部の機種)の動作基盤となる、iOSです。

今年のiOSは【いくつもの新しさを、いつもの使いやすさで。】をコンセプトに、さまざまな機能が追加されました。

今回の大規模アップデートは、より多くの情報を一目でチェックできるように、ウィジェットやホーム画面を完全に再設計し、

ダウンロードしたすべてのアプリが、自動的にカテゴリーごとに分類され、煩わしさを感じさせることのない、シンプルで操作しやすいAppライブラリがiPhoneのユーザー体験をさらに高めることを可能にします。

大型アップデートによっては、操作性や機能性自体が大幅に変更されますが、

小規模なアップデートは主に不具合などの改善やセキュリティレベルの更新などが行われます。

そのほか、バッテリーが適切化されることもあるので小規模であれ重要なアップデートと考えてもおかしくありません。

アップデートせずに利用することも可能ですが、不具合に対応できず、iPhoneのパフォーマンスに影響してしまいます。

そのような、リスクに備えて、適切にアップデートすることをオススメします。

が、やはりiPhoneの重要かつ精密な部分でもありますので、状況によってはトラブルが発生する可能性があります。

まず、接続状態が悪い状態でダウンロードすると時間がかなり必要となりますし、

バッテリーが著しく低下していたり、iPhone自体に何かしら不具合がある状態でインストールすると、ロゴフリーズやリカバリー状態から復旧ができなくなることもあります。

また、iPhoneの空き容量がない状態でダウンロードやインストールを実行すると、データが正確に読み込むことができず、ロゴループを起こす可能性も考えられます。

アップデート時の理想的な状態は、回線の良い場所で充電ケーブルに接続した状態にして、十分な空き容量を確認してから、

アップデートを実行することが故障リスクを最大限に回避する方法です。

また、重要なアップデートなどの場合は、iOSを配信するAppleのサーバーが混雑する可能性も考えられますし、アップデートによって、不具合が起きる可能性や他社製のアプリがバージョンに対応していない可能性を考えて、リリースから1週間ほど待ってから、アップデートを行うこともオススメします。

もしも、アップデートが正常に実施されなかったり、実施後に再起動や強制終了などの症状が発生してしまった場合は、

ぜひ、当店までお持ち込みください!

_______________________________________

スマートクールイオンモール神戸北店は専門店街2階、ソフトバンクさん、猫カフェの近くにございます。近隣には神戸三田プレミアムアウトレット がございますので、お買い物ついでに修理が可能です!

〇iPhone・iPad修理(詳しくはこちら
ガラスコーティング
〇中古端末買取
承っております!!

・駐車場無料!
・データはそのままで即日対応(最短30分から)
・修理後保証あり!
総務省登録修理業者

●アクセス

お車でお越しの方はこちらへバス・電車でお越しの方はこちらへ

 

オンライン予約はこちらから

✱その他、LINE予約・お電話・飛び込みでも修理可能!!

●お得な情報・クーポンをLINEから配信してます!

↓こちらからお友達追加で受け取り可能です

気軽にお問い合わせ下さい

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら