お知らせ

iphoneの電池の持ちの節約方法教えます☆彡 <三田市><神戸市北区><神戸市西区><三木市> iphone修理専門店スマートクールイオンモール神戸北店

iPhoneを使っていると常に付きまとうのがバッテリーの残量についての悩みです。

電池が1日持たない、あるいは電池の減りが早いと感じている人も多いのではないでしょうか。

外出先などでも充電できるように

充電ケーブルや外部バッテリーを持っておくのも手段のひとつですが

iPhoneの設定や使い方を見直すことで、バッテリーの持ちがよくなる可能性があります!

皆さまにiPhoneの電池を長持ちさせるポイントをご紹介します。

 

是非ご参考にお願い致します(^^♪

 

゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚

 

1.画面の明るさを調整する

ディスプレイ画面の明るさは、バッテリーにかなり影響します。ストレスにならない程度に明るさを落としておきましょう。「明るさの自動調節」をオフにすればさらに節電効果があります。

ホーム画面から「設定」を起動し、「画面表示と明るさ」をタップします!

画面表示と明るさの画面では、バーをスライドして明るさを調節できます。明るさの自動調節はオン(緑)からオフ(白)にしましょう!

 

2.Live壁紙、ダイナミック壁紙を使用しない

iPhoneのホーム画面やロック画面では、iPhone標準の壁紙のほか、自分の好きな画像に設定することができますが、Live壁紙やダイナミック壁紙は、通常の静止画の壁紙よりもバッテリー消耗が大きくなります。

ホーム画面から「設定」を起動し、「壁紙」をタップします
「壁紙を選択」をタップし、カメラロールの静止画の画像、またはAPPLE WALLPAPERの静止画の壁紙を選択しましょう

 

3.Wi-FiやBluetoothをオフにする

Wi-Fiは、実は使ってないときでも、オンにしているだけで勝手に無線LANを探して接続しようとします。使わないときはこまめにオフにすることが節電につながります。またBluetooth機能をオンにしていると、使用していない間もバッテリーを消費しています。こちらも使わない時はオフにしましょう。

Wi-Fi
ホーム画面から「設定」を起動し、「Wi-Fi」をタップします。オン(緑)になっているのをタップし、オフ(白)にしましょう
画面下部から上にスワイプして呼び出す「コントロールセンター」でも、オン/オフの切り替えが可能です

4.インターネット共有(テザリング)をオフにする

iPhoneには、iPhoneをモバイルルーター代わりに利用できる「テザリング」機能が搭載されています。「テザリング」を使わないときはオフにしておきましょう。

ホーム画面から「設定」を起動し、「インターネット共有」をオフにします。
「テザリング」はオプションで契約するため、契約していない場合は表示されません。

5.データローミングをオフにする

海外でiPhoneを使用する際、海外の通信事業者経由でデータ通信できる「データローミング」ですが、海外でiPhoneを使用しない場合は機能をオフにしておきましょう。

ホーム画面から「設定」を起動し、「モバイルデータ通信」をタップします。
「モバイルデータ通信のオプション」をタップし、データローミングをオフ(白)にします。

 

6.AirDropをオフにする

iPhone同士で連絡先を交換したり、写真やファイルの送受信もできる「AirDrop」機能ですが、使用しないときはオフにしておきましょう。

ホーム画面などで画面下部から上にスワイプして「コントロールセンター」を呼び出し、「AirDrop」をオフにします

 

7.Siriをオフにする

iPhoneの操作を音声で指示すると忠実に実行してくれるパーソナルアシスタント「Siri」ですが、こちらも使わない場合はオフにしましょう

ホーム画面から「設定」を起動し、「一般」をタップします。
「Siri」をタップし、オフ(白)にしましょう。

 

8.着信時の設定を見直す

メールや電話などの着信時に、ライトがついたりバイブレーションが振動する設定にしていると、その分電池を消費します。不要なものはオフにしてしまいましょう。

ホーム画面から「設定」を起動し、「サウンド」をタップします。バイブレーションをオン(緑)からオフ(白)にしましょう

 

9.機内モードを活用する

電波の届かない場所では通信できる基地局を探し続けるため、消費電力が増えます。圏外になりやすい場所や圏外の場所では、機内モードに切り替えることで消費電力を抑えられます。

ただし機内モードにすると、いっさいの通話やネット接続ができなくなるので、注意してください。

ホーム画面から「設定」を起動し、一番上の「機内モード」をオフ(白)からオン(緑)にしましょう。
画面下部から上にスワイプして呼び出す「コントロールセンター」でも、オン/オフの切り替えが可能です。

10.位置情報サービスの設定を確認する

位置情報サービスは、カーナビ代わりにマップを使う際などに便利な「GPS」機能のことです。これも、オンにしていると使ってない間でも位置情報を常に取得しているので、多くの電力を消費します。

地図で現在地を確認する程度なら消費電力が大きく増えることはありませんが、使わないときはオフにしましょう。

ホーム画面から「設定」を起動し、「プライバシー」をタップします
そして「位置情報サービス」をタップして、オン(緑)からオフ(白)にしましょう
ただしアプリによっては、位置情報サービスをオンにしていないと正常に機能しない場合があります。

11.不要な通知サービスをオフに

通知センターやロック画面に表示する通知機能は、アプリごとに設定できます。通信が多いほど消費電力が増え、外部のサーバーと通信してiPhoneに通知するアプリなどが要注意です。通知が不要なアプリがあれば、通知機能をオフにしましょう。

ホーム画面から「設定」を起動し、「通知」をタップします
各アプリごとに設定を確認して、不要な通知をオフにしましょう

 

12.「視差効果を減らす」をオンにする

画面を傾けたとき、壁紙が動く機能を使用しない場合は、「視差効果を減らす」をオンにすることで壁紙が動かなくなり、消費電力を減らすことができます。

ホーム画面から「設定」を起動し、「一般」をタップします
そして「アクセシビリティ」をタップし、「視差効果を減らす」をタップして、オフ(白)になっているのをオン(緑)にしましょう。

13.こまめに充電しない

iPhoneの電池はリチウムベースの電池のため、つぎたし充電は可能ですが、電池の持ちが悪くなるとされています。iPhoneをフル充電→電池がきれるまでバッテリーを使い切る(放電させる)という方法を月に1度程度行うと、バッテリーのメンテナンスができます。

皆さまがご存知のこともあったかとは思いますが

まだまだ知らないことは多いのではないでしょうか?

 

アイフォーン修理専門店のスマートクール

皆さまがお困りの際の救世主です(^^♪

 

どんなことでもお気軽にご相談くださいませ(^^)/

—————————————————–
スマートクールイオンモール神戸北店
兵庫県神戸市北区上津台8-1-1
イオンモール神戸北 2F
℡078-907-6411
https://smartcool-kobekita.com/
—————————————————–

 

気軽にお問い合わせ下さい

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら